So-net無料ブログ作成

花嫁のれん4 58話感想とネタバレ 後編

引き続き、いつものように花嫁のれん4 58話感想とネタバレ 後編を
お楽しみください。



かぐらや弁当は金沢弁当コンテストで優勝したようで、
半額セールで大繁盛である。



増岡も助っ人に訪れ、宗佑の手伝いをしている。



問い合わせの電話も後をたたない。



宗佑かなりハイテンションである。



母屋にて、宗佑のお弁当の優勝の祝賀会。



宗佑の小龍包を皆で囲んでいる。



苦節一年の成果が現れた事を喜ぶ皆。







今日の繁盛で調子にのった宗佑、アルバイトというより
正社員を雇わねば、支店を出したいと言う話もあると
ハイテンション。



奈緒子と志乃、顔をみあわせる。



二人でビールを前に、宗佑の事をうまく抑えなければと
作戦を練る。



翌日、かぐらや弁当にソーッと顔をみせる奈緒子。



宗佑、銀行の人と商談しているようだ。



新幹線開通と共に、駅のそばに二号店を出したいと話している。



従業員も十人は雇いたいし、大阪、名古屋、福岡と支店を
増やしたいと夢を語りだす。



奈緒子に茶々をいれられているのに気付かず、流暢に話す宗佑。



奈緒子だと気づきあわてる。



資金繰りはどうするのだと釘をさされ、おびえだす。



奈緒子、拍車をかけて今まで、志乃と奈緒子にかけた苦労を
忘れたのかと、とどめをさす。



母屋にて、志乃と奈緒子に説教される宗佑。



今ある借金を返し終わってから夢をみろと志乃にいわれる。



更に、奈緒子に今までの借金の詳細を並べられ、どれだけ
借金の額があるのかわかっているのかと聞かれ、わからないと
答える宗佑。



志乃と奈緒子、頭をかかえる。



現実を突き付けられ、震える宗佑。



宗佑、またまた悪い癖が出てきた。



なぜにいつも同じ事をするのであろう。



また借金を作ってトンズらされてはと思う女性陣の
気持ちは痛いくらいにわかる。



ロビーにて、生花をいける真知子。



陣内が真知子の生花が随分進歩したことを誉める。



以前はジャングルのようだったと思いだす陣内。



志乃に生花の事を教えてもらったと嬉しそうに
話す真知子。



真知子は、いつも誰かに感謝している、おばあちゃんにも、
奈緒子にも、志乃にも感謝している、真知子ほど教えがいの
ある人はいないとほほ笑む。



陣内、もう何をしても真知子がいとおしいのだろう。



きっとトップで卒業試験を合格して、公私ともに陣内の旅館に
来てほしいのだろう。



塾生達、それぞれテーマと課題について考え、皆に教えをこう。



さすがに気合いが入っている。



皆、それぞれ卒業試験について頭を悩ませ考えを巡らせて
いるのであろう。



四人四様のテーマとおもてなしが楽しみである。



真知子も蔵にて、何かを探している。何か手伝おうかと
話す陣内、陣内にテーマを決めたのかと聞かれ、自分の
原点に戻ろうかと思うと話す。



きっと真知子は、おばあちゃんの民宿をヒントにおもてなしを
するのであろう。



立派な大鯛を前に興奮して父に電話する真知子。



鯛をさばく真知子。板前達からかぶら寿司もうまく
出来ていますと報告を受ける。



奈緒子から教わったのだと嬉しそうに話す。



手際が良い事を板前達から誉められる真知子。



卒業試験当日。仲居達は、卒業試験が気になって
仕方ないようだ。



房子、仲居達に渇をいれるが、自分も卒業試験が気に
なっているようだ。



塾生達。それぞれ綺麗な着物に着替え。



女将として卒業試験に挑む。



志乃、おまつさまに卒業試験が始まる事を報告する。



全員が合格するかどうか見届けて下さいと話す。



いよいよ金沢女将塾卒業試験が始まる。



全員が合格しますように。



【花嫁のれん 第58話予告】


花嫁のれん4 59話感想とネタバレ


mokuji_s.jpg


スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 花嫁のれん4 感想・あらすじ情報ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。