So-net無料ブログ作成
検索選択

花嫁のれん4 50話感想とネタバレ 後編

今日も引き続き、花嫁のれん4 50話感想とネタバレ 後編を
ご覧下さいね!



増岡、客人たちの反応がきになる。



香と祐美に反応の良さを聞いて安心する。



真知子が、大鯛の麹漬の焼物を持ってくる。



大鯛は真知子の父が特別に手配してくれたもので
あるとはなす奈緒子。



立派な鯛に歓声があがる。






食べた瞬間、皆の顔色がかわる、美味しくて言葉を
失っていると勘違いして鯛を口にする村田。



食べた瞬間、鯛をはきだし、こんな塩辛いものを
良くたべさせたなと怒り心頭である。



奈緒子が味をみてみる、すごく塩辛い。



慌てて厨房に入って来る増岡。



真知子が大変だと叫んでいる。



辰夫をよべと怒りがおさまらない村田、
そこに志乃がやってくる。



深くお詫びをする奈緒子、志乃、塾生達。



奈緒子と志乃、真知子や塾生達にさがるように話す。



村田、真知子に怒りがおさまらない。



村田元から真知子の事を嫌っているし、今回の
リーダーが真知子だと聞いた時も面喰らっていた、
やはりこうなったのだと言わんばかりである。



房子の仕業であると誰も気づかず。



真知子を探す奈緒子、辰夫に料理をだしてもらい、
それで皆の御機嫌も治まってお帰りになったと話す。



辰夫にもお詫びしないとと話す真知子に、
自分が真知子を指名したのだから自分が
皆に謝ると話す奈緒子。



和室にて、辰夫と志乃にお詫びをする奈緒子。



初めから自分は反対したと話す志乃。



奈緒子、自分が真知子をリーダーに抜擢したので
あるから責任は自分にあると言い切る。



志乃、確かに奈緒子の責任ではあるが、真知子にも
責任をとってもらわねばならないと話す。



自分と真知子は当分謹慎をすると志乃に話すが、
奈緒子が謹慎すると誰が今回の事を名誉挽回できる
のだと言われ考え直す。



帳場にて、増岡、真知子にかぎって塩加減を間違える
とはと房子に話す。



房子心ここにあらずである、自分のしてしまった事を
後悔しているのであろうか。



このまま黙っているのであろうか。



かぐらや寮にて、奈緒子からの電話に出る真知子。



謹慎を言い渡される。



陣内からの電話が鳴る、耳をふさいで
出ようとしない真知子。



仲居部屋にて、仲居達、真知子の悪口をいっている。


面白くない塾生達。



かぐらや寮に帰って来る塾生達。



真知子がいない、部屋にもいないと話す香。



携帯も机においたままである。



三人心配な顔をする。



母屋にて夕食の時間、香から奈緒子に電話がある。



真知子が来ていないかを聞いてくる、心当たりも
探したし、かぐらや弁当にもいないと言う香。



真知子を心配する母屋の皆。



真知子、能登に帰ってしまったのであろうか。



幾度となく困難に打ち勝ってきた真知子。



頑張ってほしいものだ。



房子も良心の呵責にかられて名乗ってくれれば
いいのだが・・・。



旅館の仲居として長く勤めてきたはずの房子。



綾に対する気持ちが強すぎて、していいことと
悪い事の分別もつかなくなってしまったのか。



来週が本当に気になりますね。



【花嫁のれん 第51話予告】


花嫁のれん4 51話感想とネタバレ


mokuji_s.jpg


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 花嫁のれん4 感想・あらすじ情報ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。