So-net無料ブログ作成

花嫁のれん4 47話感想とネタバレ

花嫁のれん4 47話は、46話につづき真知子の
父親が漁にでて帰ってこないという知らせを
受けたのだが、真知子はかぐらやの仕事が
第一だと能登へ帰ることを拒んだ。


そこで、部屋付という理由で陣内が能登へ
行きたいのせ真知子につれて行ってくれと・・・。


真知子の父親が無事に帰って来る事を祈りつつ。


木島様の部屋付きの香。


木島の夕食のお世話をしている。






木島は辰夫の料理に大変感銘を受けて
いるようだ。



木島に陣内リゾートの話をふられ、
陣内が真知子を連れ去った時の事を
思い出してしまう綾。



真知子の事は心配であるが複雑な
乙女心である。



陣内、真知子のいる部屋に暖かい
飲み物を買って入って来る。



田舎なので自動販売機を探すのも大変で
あろうと言う真知子に、久しぶりに
夜空をゆっくりみたと話す。



仕事が中断することを気遣う真知子。


かぐらやに戻ってくれと言うが、陣内は
ここにいたいと真知子に告げる。



少し嬉しそうな真知子。



やはり誰かが傍にいてくれる事で心が
和らぐのであろう。



木島の部屋に奈緒子がいる。


木島、辰夫の料理を大絶賛している。


木島に金沢おかみ塾の事を聞かれる奈緒子。



折角だからと塾生である綾のお世話の様子を
聞く奈緒子。



帳場にて、奈緒子のおもてなしについて、
形は整っているが、それだけであると
言われたと益岡と房子に伝える。



ハッキリとは言わなかったが、おもてなしに
心がともなっていないと言う事であろうと話す
奈緒子に、立腹する房子。



房子から綾に伝えると申し出て、怒り心頭
しながら、帳場を出ていく。



そんな房子をみて、奈緒子自分がまずい事を
いったのかと益岡に問う。



房子、綾の事を完璧だと思っているだけに、
木島の意見が許せなかったのであろう。



そこに追い打ちをかけて、奈緒子の言葉にも
腹がたったのか。



真知子、船を飛行機と間違える。


陣内、真知子が落ち込んでいるのをみて、
そんなに暗い顔をしていると福神にそっぽを
向かれるぞと言う。



真知子、おばあちゃんと同じ事を言うと驚く。



陣内、前に話した父が倒産して、家族で最後に
きた旅行で訪れた民宿のおばあちゃんに言われた
と話す。



真知子と陣内、昔々におばあちゃんの民宿で
出会っている事にまだ気づいてない。



自分のせいで、おばあちゃんは成仏できない
のではと心配する真知子に、成仏出来ないのでは
なくて、かわいい孫のそばにいたくて成仏しない
のではないかと話す陣内。



おばあちゃんに父の無事を祈る真知子。



傍らで見守る陣内。



陣内、とにかく真知子の傍にいてケアしたい
のだろう。



忙しい人なのだから、一分一秒がおしい
はずなのに、その時間を真知子のために
捧げるとは。女冥利につきる。



母屋にて、真知子を心配する奈緒子。



奈緒子の所に真知子から連絡が入る。
父親の船は、まだ戻ってこない。
かぐらやに戻るのは翌日になると告げる
真知子。



幸、真知子のお父さんの事を聞く、
漁に出たきり戻らない話をする奈緒子。



房子、能登にもどらないといった真知子の
言葉に驚いたと話す。



志乃、陣内のおかげで能登に行けてよかったと話す。


後半へつづく



花嫁のれん4 47話感想とネタバレ 後編


mokuji_s.jpg


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 花嫁のれん4 感想・あらすじ情報ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。