So-net無料ブログ作成

花嫁のれん4 41話感想とネタバレ 後編

花嫁のれん4 41話感想とネタバレ 後編です。

気づかず話し続ける真知子に、志乃と奈緒子、
釘をさす。


真知子、初めて自分が地雷をふんだことをしる。


かぐらやの皆も志乃と奈緒子の言い争いには
なれているが、その二人に意見を言う真知子に
驚いたのであろう。


布団を敷きながら、宗佑に真知子の愚痴を
いいながら当たる奈緒子。


志乃も布団を敷きながら、辰夫にあたる。


さすが、志乃と奈緒子、嫁、姑、そっくりである。







かぐらや寮にて、愚痴る真知子、誰にも言わずにと
話すのに、房子にも愚痴ってしまう。



房子に、嫁姑問題には首を突っ込むなと釘をうたれる。


帳場にて、増岡が電話で困っている。


春の観光協会のパンフレットの表紙にかぐらやの女将の
写真を載せたいのだが、大女将か女将のどちらか一人で、
どちらかと言うと奈緒子をのせたいと言っていると
いってきたと房子に話す。


撮影の日程を聞くのを忘れたと話す増岡。


そのころ玄関では観光協会の写真家が来る。


真知子に女将をと言われ、真知子、その事を奈緒子に
知らせにいき、玄関で撮影が始まる。


撮影している所を志乃がみかける。

観光協会の撮影だと話す真知子。


志乃、気にくわない顔。

帳場にて房子に女将と言われれば、志乃であると
叱られる真知子。


志乃、真知子はかぐらやの女将は奈緒子と思って
いるのであろうと笑顔で話す。


この機嫌のよさが怖い。


本当ははらわたが煮えくりかえっているのであろう。


奈緒子がやってくる、志乃の写真もとりたいといって
いると話す。


かぐらやの顔は、志乃であると話す奈緒子。


しかし一歩も譲らず、撮影に応じようとしない志乃。


満面の笑顔である。


あの笑顔が恐ろしいんだと真知子に話す志乃。


真知子もその事にうすうす気づいていたようだ。



増岡と房子も笑顔のおそろしさに気づいていた。


志乃、仲居の皆にも優しく、仲居の皆も、あの笑顔は。
と恐怖をつのらせる。



板場にて、志乃、辰夫に旅館の客の好みを話す。


これからは、この申し送りも奈緒子に任せた方がいいかも。
と奈緒子に深々と頭を下げて極上の笑顔をみせる。


辰夫、あの笑顔が又始まった。とおびえる。


辰夫に、どうしようと相談する奈緒子。


辰夫も、こればかりはどうしようもないと話す。


志乃、母屋の入口で般若のような顔になり足で
扉をしめる。


こうなると誰もとめられない。


志乃の暴走が始まる予感である。



【花嫁のれん 第42話予告】



mokuji_s.jpg


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 花嫁のれん4 感想・あらすじ情報ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。