So-net無料ブログ作成
検索選択

花嫁のれん4 38話感想とネタバレ

花嫁のれん4 38話、香親子の行く末が気になります。


東京から香の様子と、女将に挨拶に
やってきた香の母。


強烈なキャラクターで、かぐらやの
皆を翻弄する。


大女将、女将に話があると息巻いている
香の母。


塾生達に母の事を語り出す香。






子供のころから香のやる事に反対する、
キャビンアテンダントの仕事についても、
ことごとく会社に来て母が上司に文句を
言いにきたのだという。


祐美は、今はやりのモンスターペアレンツだと話す、
香は自分の母こそがそうであると言う。


香が体調を崩した時に母が会社に乗り込んだので
会社にいずらくなって辞めたのだと言う。


結婚についても、母がデートにまでついてきて
相手に断られたりするのだと。


父が海外が多いので淋しくて香に依存してしまう
母の気持ちもわかり、冷たく出来ないと言う。


香を連れてこのまま東京に帰ると言い出すのではと
心配する真知子に、ありうる事であると話す香。


いわゆる今はやりの娘離れ出来ていない母親。


こうはなりたくないものだ。


和室にて、香の母、女将の仕事であると
聞いていたのに、させられている事は
下足番や掃除と下働きで仲居のような
仕事ばかりで耐えられない、
このまま香を連れて帰ると泣き出す。



香の気持ちを聞く奈緒子に、香は優しいから
言い出せないのであると言う。


ここまで自分勝手に考えられるのはスゴイと思う。
香、不憫である。



客室にて、花を生ける綾。
房子は綾に香が東京に帰る話を耳うちして、
ライバルが減って良かったと話す。



綾、塾生達はライバルではあるけど、
そんな事はいってはいけないと正す。


房子は、どこまでも綾オンリーで煮ても
焼いてもくえないが、綾はお嬢様なのに、
皆の事を気遣いできる、素晴らしい女性である、
そこの所も、女将の素質あり。


香の母の客間、香に東京に帰り自宅で英語塾でも
開こうと計画をたてる。楽しそうに話す母に香、
帰りたくないと言い出しづらい。


今まで香が母に何も反抗出来ずに生きてきた事が
伺える。


たまらず客間に入る真知子。


香の代弁をするべく、母に香がここに残りたいと
言う気持ちを話す。


娘の人生の邪魔をしていると話す真知子に、
香の母は顔色をかえる。


真知子のように言いたい事をいってくる人物を
見たのはおそらく初めてで衝撃的であったのだろう。


そこに奈緒子がやってくる。
真知子を正す奈緒子。


香の母、真知子のような人と香を一緒に
いさせられないと益々、香を連れて帰る
決意を固める。



女将塾についてまで難癖をつけだす香の母。


真知子、自分を悪く言うのはいいが、女将塾を
けがされた事で気分を害して反論する。


香、母が女将塾の事を悪く言うのに耐えきれず、
爆発する。初めての娘の反乱に驚く母。


母屋にて、奈緒子、志乃に香の一件を報告する。
志乃、香の母の気持ちを察する。


親子気まずいままで分かれるのはしのびないと話す。


どんな親でも親は親。親子の仲がこじれてしまうのは
見ていて気分も良くない。


仲居部屋にて、真知子、香の母に言い過ぎた事を
香に謝る。


香は丁度良い機会であったことを話す。
香の母の心配をする、綾。


母の事は気にしないと言うが、どこか淋しそうな香。


皆、心ここにあらずと言った感じであろうか。
香のためにやったのだが後味が悪い。


今日も後半へつづく



花嫁のれん4 38話感想とネタバレ 後編



mokuji_s.jpg


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 花嫁のれん4 感想・あらすじ情報ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。