So-net無料ブログ作成
検索選択

花嫁のれん4 32話感想とネタバレ 後編

花嫁のれん4 32話の後半のはじまり、はじまり


祐美と香には、陣内リゾートの女将になれるのは、
一番の人だけだと言い渡す。


綾、房子に、陣内の件で何も聞いていないか聞く、
陣内をけなす房子に綾は声をあらげる。


塾生達の予測通り、綾は陣内の事を一人の男性として
好意をよせているようだ。


観光協会で打ち合わせの後、志乃と増岡は、
かぐらや弁当によってみる。


すごい行列に、志乃と増岡大喜び。


お店を覗く二人、宗佑一人忙しくてんてこまい
しているのをみて、バイトはいないのかと話す二人、


若いバイトの女性を何もしないで座らせている。





呆れた志乃、店が一段落してから、宗佑にお灸を
すえる。張り紙をみせられて怒る志乃。


こんな事が知れたら、奈緒子に何と言われるかと
不安を隠せない。


宗佑は、いつもこうである、何回も何回も失敗して、
全然学習をしていない。


かぐらやでは、陣内が東京から戻って来る、
靴のへり方から、気がせっているのでは、と陣内の
心中を言い当てた真知子に陣内はいらつく。


陣内の部屋に綾がお茶を出しに来る、陣内忙しく
電話している。心配そうに見つめる綾。


母屋で花の指導を受ける真知子。
幸にピシピシ指導されている。
幸もさすがに、かぐらやの孫。貫禄がある。


辰夫と志乃、かぐらや弁当のバイトの話をしている。


宗佑、かぐらや弁当にて掃除をしながら後悔している。


皿洗いを手伝っている益岡に駄目だしされる。


真知子が幸の夜食の手伝いをしている、
驚く志乃と辰夫。一人で夜食を用意するという幸と
一緒に用意をしたのだとか。


帰ろうとする真知子。帰りがけにお腹がなる。
一緒に食べようと誘う辰夫と幸。

志乃は面白くない。


房子がやってくる、あつかましく食卓についている
真知子にあきれる。
魚の煮付けを誉められ喜ぶ真知子。


寮での朝食の魚の話をして、房子をイラつかせる。


魚料理を幸に誉められ、何か1つ取得があると全て
上手くいくのだと調子に乗って熱弁してしまい。
志乃と房子は釘をうたれる。


かぐらや寮にて、母屋で夕飯を頂いた話を香と祐美に
報告する。


志乃と房子に叱咤された話をするが、嫌いなら叱ったり
しないし、案外二人に気に入られてるのではと言われ、
そうか。と前向きである。


根っからのポジティプ主義。
見習いたいものである。


寝室にて、志乃と辰夫、真知子の事で口げんか。
最後には奈緒子の話が出てくる。


翌日、綾と房子が、花の買い付けに出かける。
二人が出かけた後、陣内リゾートの人が慌てた様子で
やってくる。


真知子は陣内の部屋を聞かれたので、お茶をお出しする。


部屋の外で、倒産の言葉を聞き慌てる真知子。


真知子がハッとしている時は何かがおこる予感。


真知子の明るさ自由奔放さが陣内を救えるのか。


今後の展開が気になる。



【花嫁のれん 第33話予告】


花嫁のれん4 33話感想とネタバレ



mokuji_s.jpg


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 花嫁のれん4 感想・あらすじ情報ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。