So-net無料ブログ作成
検索選択

花嫁のれん4 30話感想とネタバレ

花嫁のれん4の30話ですが、宗佑のやっている
かぐらや食堂はどうなるの??


宗佑のお弁当屋さんが折角軌道にのってきたのに
長期の休みをしたら、お客様が離れていってしまう。


と私もドキドキしていました。


不治の病とかないよねと思いながら。




奈緒子が、かぐらや弁当に休みの紙を貼りに
いって帰宅したら、宗佑が朝食の場所に
座っている。


元気そうで奈緒子もホッとする。


おかゆもおかわりして、やる気満々である。


カラ回りして、また倒れなければいいが。
といつも調子の良い宗佑には一喜一憂させられる。


奈緒子、朝礼で東京に戻る事を皆に告げる。


寮生達は奈緒子の東京行きを残念に思い、
その思いを告げる。


奈緒子、成長した塾生達を見て微笑む。


みどりママの部屋に真知子が呼ばれる、
祐美は機嫌が良くない。


みどりママは真知子にもスカウトの声を
かける。


部屋付けを真知子に替えたのは祐美の為
だけでなく、真知子に興味をもったと告げる。


立ち聞きしていた祐美は悔しい顔をして
その場を去る。


みどりママは真知子の目がきらきらしている
のが気に入ったと告げる。


真知子は、速攻で民宿を復活させたいので、
みどりママの店にはいけないと断る。


みどりママに口止めされたので、綾や香に
聞かれても本当の事は話さないでいた真知子を
みて、二人の話を盗み聞きして知っている祐美は、
すごい形相で睨んでいる。


祐美は、どう転んでも嫌な女の気がする。


真知子にいつもお世話になっておきながら、
自分の敵だと思った途端きびすをかえしてしまう。


真知子のした答えも知らないのに。


夕飯の時間、辰夫から連泊のお客様の椀物の
種類が違う事を皆に告げられる。


真知子は、みどりママの椀物を間違えないように
メモする。


真知子は、しっかり椀を確認して盆に入れるが、
一瞬目を話した隙に、祐美はわざと椀物をとり
変える。


綾は、その瞬間を見ていた。


みどりママのお部屋で椀物の間違いが発覚する、
裕美から間違いを指摘される真知子。

身に覚えがない。

その様子を綾はけわしい顔で聞いていた。


いくら腹が立っているといっても、お客様に
お出しする料理に細工をするなんて有り得ない


この時点で祐美は女将失格な気がする。

綾は悩んでいるのだと思う。


かぐらや寮に戻るために、塾生皆で帰宅する際に、
綾は祐美に、なぜお椀を取り換えたのか問いただす。


綾は事情はしらないけど、お客様に迷惑かける事は
最低だと告げる。

祐美は、真知子に焼き餅をやいている話を皆にする。


話を聞いてはぐらかした事を問いただすが、
真知子は、みどりママに口どめされている事は言わない。


真知子が最後まで、お客様との約束を守るとは、
女将の素質がある。


綾は、こんな事をしたら、女将塾が廃止されて
しまうから、真知子と祐美で話し合うように告げる。


香の提案で奈緒子には話そうと言う事になり、
皆で奈緒子に相談する。


奈緒子は、話を聞くだけで、悲しそうな顔で
部屋を出て行く。


奈緒子には何か考えがあるはず。

それに期待したい。

真知子は眠れずにいた。


ここで、後半につづく・・・
塾生達はどうなってしまうんでしょうね?


花嫁のれん4 30話ネタバレ 後編



mokuji_s.jpg


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 花嫁のれん4 感想・あらすじ情報ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。