So-net無料ブログ作成

花嫁のれん4 3話ネタバレ

花嫁のれん4 ネタバレ 3話として、あらすじと
感想を書いていきます!

前回話で房子は志乃の許しを得て、
母屋つまり神楽家にも出入りする
ようになる。


そして、房子は、あの調子で奈緒子に
母屋では女将でなく奈緒子さんと呼ばせて
頂くと、有無を言わせぬ勢いで話す。


さらに奈緒子が夜食にと用意した豚汁まで、
大女将や旦那さまの健康面を考えてという
大義で塩分が強すぎるとダメ出しをし、味を
変えてしまう。


その味が変わったことに志乃や辰夫が
気づくがまろやかになったと褒めるのである。


プライベートの神楽家の女の領域まで、
入り込んできた房子に余りいい気をして
いない奈緒子です。


そして、その食事中に話にでた「金沢女将塾」
塾生さんが寝泊まりする宿舎に、家賃がかからない
のであれば、寮長として一緒に住まさせてほしいと
言い出す。


その一言に唖然とする奈緒子だが、かぐらやで
塾生を育てていく上で、ベテランの房子がそばに
いてくれると安心かもと思い、了承してしまう。




花嫁のれん4 3話 房子の接客のサービスの凄さ


その房子の接客のサービスは、うわさ通り
すばらしい気遣いでお客さんを満足させ、
次回の予約までとってくるんですよね。


凄い!と思いきや・・・


房子から出た言葉は、予約をとった売上の
10%を営業の手当として要求する。


それから、お客さんから頂いた心づけも懐に
入れてしまうありさま。



凄くお金に汚いという感じがぷんぷん
してきましたね。

3wa.jpg



その件に関して、大女将の志乃に報告と
どうするのかを決めるため、辰夫と房子の
4人集まった中、志乃は、少し渋い顔をするも、
予約をとって手当は認め、他の中居にも
同条件にすると決める。


しかし、お客様の心づけは、中居だけでなく、
かぐらやにたいしてのものだからと、この件に
関しては認めなかった。


確かに、房子は旅館でその優秀ぶりをいかんなく
発揮するが、仕事への取り組み方、考え方の違いで
奈緒子と衝突してしまう。


「金沢女将塾」の面接を5日後になったころ、
能登では真知子が亡き祖母が営んでいた
民宿を訪ねていた。


「金沢女将塾」の広告を見た真知子は、素朴ながらも
愛情あふれる祖母のもてなしを喜ぶ宿泊客の笑顔が
忘れられられないし、祖母の手伝いを懸命にしていた
小学生の頃の自分の夢が、祖母と一緒に民宿をやる
ことだったことを思い出し、塾生募集に応募したのです。



民宿を再建させるためにも、絶対に合格すると張り切る
真知子が、明日の放送で面接に金沢へやってきます。


明日は、「金沢女将塾」の面接試験の様子がメインに
なるんじゃないかと思います。


真知子がどんなキャラで面接試験を受けるのかが、
楽しみになっています。
 


【花嫁のれん 第4話予告】



花嫁のれん4 ネタバレ 4話



mokuji_s.jpg


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 花嫁のれん4 感想・あらすじ情報ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。